2009年04月12日

PHP環境の構築

これからPHPの環境を構築しています。

PHPに関してはCentOS 5.3をインストールした時に一緒にインストールしているので、何もしなくてもすでに動作するはずです。

PHPが動作しているか確認してみましょう。

# echo "<?php phpinfo() ?>" > /var/www/html/ph
pinfo.php Enterキー


上記コマンドを入力してドキュメントルートにphpinfo.phpファイルを作成します。

ウェブブラウザから

http://192.168.0.2/phpinfo.php

のように、http://自宅サーバーのIPアドレス/phpinfo.php

にアクセスして、下記の画面が表示されれば、PHPは正常に動作しています。

php1.gif

画面には、PHP Version 5.1.6と書かれているので、CentOS 5.3には、PHP「5.1.6」が標準でインストールされていることがわかります。

2009年4月12日現在のPHPの最新バージョンは「5.2.9」ですので、「5.1.6」は多少古いバージョンとなります。

PHP5.2.xからはDateTime型がサポートされている等さらに便利になっているので、PHPを最新バージョンにバージョンアップしたいと思います。





posted by セント at 08:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | LAMP環境の構築
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。