2009年04月12日

CentOS 5.3にPHP5.2.9とMySQL5.1.33をインストール

CentOS5.3の初期リポジトリにはPHP5.1.6までしかないため、追加リポジトリを設定します。

yum-prioritiesをインストール


yum-prioritiesは、サードパーティのリポジトリを追加した場合に、各リポジトリの優先度を設定できるようにするプラグインです。

CentOS 5.3で構築した自宅サーバーに「root」アカウントでログインし下記コマンドを入力して、yum-prioritiesをインストールします。

# yum install yum-priorities


次に「/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo」の修正を行います。

# vim /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo


「priority=優先度」の形式でプライオリティを設定します。優先度は1〜99で、値が小さいほど優先度が高くなります。priorityが未設定のレポジトリは優先度99として動作します。

# CentOS-Base.repo
#
# This file uses a new mirrorlist system developed by Lance Davis for CentOS.
# The mirror system uses the connecting IP address of the client and the
# update status of each mirror to pick mirrors that are updated to and
# geographically close to the client. You should use this for CentOS updates
# unless you are manually picking other mirrors.
#
# If the mirrorlist= does not work for you, as a fall back you can try the
# remarked out baseurl= line instead.
#
#

[base]
priority=1
name=CentOS-$releasever - Base
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5

#released updates
[updates]
priority=1
name=CentOS-$releasever - Updates
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/updates/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5

#packages used/produced in the build but not released
[addons]
priority=1
name=CentOS-$releasever - Addons
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=addons
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/addons/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5

#additional packages that may be useful
[extras]
priority=1
name=CentOS-$releasever - Extras
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=extras
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/extras/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5

#additional packages that extend functionality of existing packages
[centosplus]
priority=1
name=CentOS-$releasever - Plus
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=centosplu
s
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/centosplus/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5

#contrib - packages by Centos Users
[contrib]
priority=1
name=CentOS-$releasever - Contrib
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=contrib
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/contrib/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5


上記のように「priority=1」を追記し保存し「vim」を終了します。


Remi & EPELのパッケージをインストール


http://fedoraproject.org/wiki/EPEL

http://blog.famillecollet.com/post/2005/10/02/8-telechargement-installation-et-yum
から、ディストリビューションにあうRPMパッケージをインストールします。

32bit(i386)の場合

# wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-3.noarch.rpm
# wget http://rpms.famillecollet.com/el5.i386/remi-release-5-6.el5.remi.noarch.rpm
# rpm -Uvh remi-release-5-6.el5.remi.noarch.rpm epel-release-5-3.noarch.rpm


64bit(x86_64)の場合
# wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-3.noarch.rpm
# wget http://rpms.famillecollet.com/el5.x86_64/remi-release-5-6.el5.remi.noarch.rpm
# rpm -Uvh remi-release-5-6.el5.remi.noarch.rpm epel-release-5-3.noarch.rpm
# rm -f remi-release-5-6.el5.remi.noarch.rpm epel-release-5-3.noarch.rpm


上記コマンドを入力

remi.repoの編集


「/etc/yum.repos.d/」にremi.repoというファイルが作成されているのでそれを編集します。

# vim /etc/yum.repos.d/remi.repo


上記コマンドを入力し、remi.repoを開きます。

赤字の通りに編集します。

[remi]
priority=1
name=Les RPM de remi pour Enterprise Linux 5 - $basearch
baseurl=http://rpms.famillecollet.com/el5.$basearch/
http://iut-info.univ-reims.fr/remirpms/el5.$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi
failovermethod=priority

[remi-test]
name=Les RPM de remi en test pour Enterprise Linux $releasever - $basearch
baseurl=http://rpms.famillecollet.com/test-el5.$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi


保存して「vim」を終了させます。

epel.repoの編集


「/etc/yum.repos.d/」にepel.repoというファイルが作成されているのでそれを編集します。

# vim /etc/yum.repos.d/epel.repo


上記コマンドを入力し、epel.repoを開きます。

赤字の通りに編集します。

[epel]
priority=1
name=Extra Packages for Enterprise Linux 5 - $basearch
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/5/$basearch
mirrorlist=http://mirrors.fedoraproject.org/mirrorlist?repo=epel-5&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL

[epel-debuginfo]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 5 - $basearch - Debug
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/5/$basearch/debug
mirrorlist=http://mirrors.fedoraproject.org/mirrorlist?repo=epel-debug-5&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL
gpgcheck=1

[epel-source]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 5 - $basearch - Source
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/5/SRPMS
mirrorlist=http://mirrors.fedoraproject.org/mirrorlist?repo=epel-source-5&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL
gpgcheck=1


保存して「vim」を終了させます。

以上で「Remi」と「EPEL」の設定は完了です。


RPMforgeのパッケージをインストール



32bit(i386)の場合
# wget http://dag.wieers.com/rpm/packages/rpmforge-release/rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
# wget http://dag.wieers.com/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt
# rpm -Uvh rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
# rpm -import RPM-GPG-KEY.dag.txt
# rm -f rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm RPM-GPG-KEY.dag.txt


64bit(x86_64)の場合
# wget http://dag.wieers.com/rpm/packages/rpmforge-release/rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.x86_64.rpm
# wget http://dag.wieers.com/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt
# rpm -Uvh rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.x86_64.rpm
# rpm -import RPM-GPG-KEY.dag.txt
# rm -f rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.x86_64.rpm RPM-GPG-KEY.dag.txt


上記コマンドを入力。

rpmforge.repoの編集



「/etc/yum.repos.d/」にrpmforge.repoというファイルが作成されているのでそれを編集します。

# vim /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo


上記コマンドを入力し、rpmforge.repoを開きます。

赤字の通り修正します。

# Name: RPMforge RPM Repository for Red Hat Enterprise 5 - dag
# URL: http://rpmforge.net/
[rpmforge]
name = Red Hat Enterprise $releasever - RPMforge.net - dag
#baseurl = http://apt.sw.be/redhat/el5/en/$basearch/dag
mirrorlist = http://apt.sw.be/redhat/el5/en/mirrors-rpmforge
#mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge
enabled = 0
protect = 0
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-rpmforge-dag
gpgcheck = 1
priority=1


ファイルを保存して「vim」を終了します。


PHPとMySQLをアップデート


yumを使ってPHP5.2.9とMySQL5.1.33にアップデートします。

# yum -y --enablerepo=remi,epel,rpmforge update php* mysql*


エラーが出ずにインストールが完了したらアップデートの完了です。

これで、無事にPHPとMySQLのバージョンが最新になりました。

最後に、「apache」と「mysql」を再起動させます。

# /etc/init.d/httpd restart
# /etc/init.d/mysqld restart



PHPのバージョンを確認してみます。

# php -v 「Enterキー」


と入力すると
PHP 5.2.9 (cli) (built: Feb 27 2009 15:00:56)
と表示されPHP 5.2.9がインストールされたことがわかります。

同様にMySQLのバージョンを確認してみます。

# mysql --version 「Enterキー」


と入力すると
mysql Ver 14.14 Distrib 5.1.33, for redhat-linux-gnu (x86_64) using readline 5.1
と表示され、MySQL 5.1.33がインストールされたことがわかります。


ウェブブラウザから

http://192.168.0.2/phpinfo.php

にアクセスして、PHPが5.2.9で動作しているか確認してみます。

php2.gif

「PHP Version 5.2.9」と表示されていればOKです。

posted by セント at 09:00 | Comment(11) | TrackBack(2) | LAMP環境の構築
この記事へのコメント
と〜っても助かりました!
私の場合CentOS 5.3で、
php 5.1.6 -> 5.3.0
mysql 5.0.? -> 5.1.37
のようなアップデートを行いました。

繰り返しですが、
ひっじょ〜うに助かりました。
ありがとうございました。
Posted by ごん at 2009年08月25日 13:56
ごんさんへ

コメントありがとうございます。
この記事がお役に立ててよかったです。(^O^)
Posted by セント at 2009年10月04日 07:26
私も非常に助かりました。
どうもありがとうございます。
Posted by misao at 2009年11月04日 14:20
わたしも非常に助かりました。おかげさまで、phpmyadminが使えるようになりました。
php 5.3.0、mysql 5.1.40にアップデートされました。
ありがとうございました。
Posted by K氏 at 2009年11月15日 03:53
この記事のおかげで、自分もアップデートできました。
phpmyadminが使えるようになって助かります。
ありがとうございました。

[確認環境]
OS:CentOS 5.5
更新後:php 5.3.2、mysql 5.1.47

Posted by nana at 2010年06月11日 17:10
nanaさんへ

すでにこの記事も公開から時間がたち情報が若干古くなっておりますが、お役に立てたようで何よりです。
Posted by セント at 2010年06月12日 18:21
最近FedoraからCentOSに変更しサーバを引き直しましたが、バージョンが古いままでで、参考になるサイトを探してした折、ここを見つけました。

remi-release-5-8と読み替えただけで上手く
行きました

丁寧な解説ありがとうございました
Posted by 舞 at 2010年06月14日 03:07
非常に助かりました。これで、phpmyadmin-3.3.3が使えるようになりました。
yum-prioritiesの priority=1, enabled=0 がポイントですね。
rpmforge.repo の enabled=1 とはconflictしないだろうか?
Update後は、priority=0にした方がいいのでしょうね。
OpenPNE への副作用が発生しましたが。

mysql-libs-5.1.47-1.el5.remi
mysql-5.1.47-1.el5.remi
php-mysql-5.3.2-1.el5.remi
mysqlclient15-5.0.67-1.el5.remi
mysql-server-5.1.47-1.el5.remi
php-5.3.2-1.el5.remi
php-cli-5.3.2-1.el5.remi
php-mcrypt-5.3.2-1.el5.remi
php-gd-5.3.2-1.el5.remi
php-mysql-5.3.2-1.el5.remi
php-ldap-5.3.2-1.el5.remi
php-common-5.3.2-1.el5.remi
php-pdo-5.3.2-1.el5.remi
php-mbstring-5.3.2-1.el5.remi

にアップデートされました。
ありがとうございました。
Posted by hasemann at 2010年06月18日 17:33
Cent5.3 PHP5.1.6
拝見させていただき、同じようにやったつもりなのですが
最後にエラーがでてしまいました。

php-dbase-5.1.6-15.el5.centos.1.x86_64 from installed has depsolving problems
--> Missing Dependency: php-api = 20041225 is needed by package php-dbase-5.1.6-15.el5.centos.1.x86_64 (installed)
Error: Missing Dependency: php-api = 20041225 is needed by package php-dbase-5.1.6-15.el5.centos.1.x86_64 (installed)

--

* epel: ftp.iij.ad.jp
このレポジットが問題なのでしょうか?
よろしくお願いします。
Posted by Becky at 2010年06月29日 13:05
探してもリンク切れなどばかりで有益な情報が得られず困っていたのですが、御陰さまで無事に解決しました。

ありがとうございます。
Posted by きゅうすらっしゅ! at 2011年01月09日 17:25
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 株の初心者 at 2011年10月22日 11:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

CentOS 5.3 にPHP 5.2.9とMySQL 5.1.34をインストールする
Excerpt: CentOSにphpMyAdminの最新版を入れようと思ったら、PHP 5.2以降じゃないとダメだとエラーが出てしまいました。なので、PHPを5.2にアップグレードしたメモです。ちな..
Weblog: ElectronicBrain is eating BreakFast
Tracked: 2009-05-28 14:27

Kaltura CE 2.0がリリースされました!
Excerpt: DAC/スパイスボックス神部です。 Kaltura CE 2.0がリリースされたので早速インストールしてみました。 Kaltura Community Edit...
Weblog: ラボブログ
Tracked: 2010-07-24 16:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。