2009年04月12日

php.iniの設定

PHPのふるまいを変更するには、CentOS 5.3では「/etc/php.ini」を変更することで行います。

ここでは、設定しておいた方が良いと思われる項目を設定しておきたいと思います。

# cp /etc/php.ini /etc/php.ini.org 「Enterキー」
# vim /etc/php.ini 「Enterキー」


設定した項目は下記の通り

PHPプログラムをUTF-8 で作成・保存して、UTF-8で表示させる設定

output_buffering = Off
output_handler = none
default_charset = UTF-8
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = UTF-8
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_character = none


ファイルを保存して「vim」を終了させます。

「apache」を再起動させてPHPの設定を反映させます。

# /etc/init.d/httpd restart 「Enterキー」


posted by セント at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | LAMP環境の構築
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。