2009年04月13日

プリンタサーバの設定

sambaの設定



今回構築するプリンタサーバは、「samba」を利用して構築します。

前回、Canon MP600のプリンタドライバーをインストールしましたが、その段階で「samba」には「MP600」の印刷共有パラメータが設定されているはずです。

「SWAT」にアクセスして確認してみます。

「SWAT」画面の「PRINTERS」アイコンをクリック。

プルダウンメニューに「MP600」があることを確認してください。

print1.gif

次に、「MP600」を選択している状態で「印刷共有の選択」ボタンをクリックします。

print2.gif

すでに、必要な項目が設定されていることがわかります。

「printable」が「Yes」になっていることを確認します。このパラメータを「Yes」にしておかないと、印刷できません。

windowsクライアントのプリンタ設定


Windowsクライアント(Xindows XP)で「プリンタとFAX」画面を開くと「MP600-angel」のようにサーバー上のプリンタが表示されています。

print3.gif

「MP600-angel」を右クリックして「通常使うプリンタに設定」をクリック

これで、Windowsクライアントから印刷することができるようになります。

サーバー上のプリンタアイコン「MP600 - angel」は「アクセス拒否 -接続できません」と表示されたままですが、印刷自体はできるので気にする必要はありません。

以上で、プリンタサーバーの構築は完了です。






posted by セント at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリンタサーバーの構築
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。